中高年の加齢臭を考える【気になる臭いを撃退するミラクル石鹸】

笑顔の女性

吸収されやすい保湿成分

コラーゲン

人体のものと同じ分子構造

コラーゲンは肌の弾力性やハリなどを維持する上で欠かせない成分です。元々人間の体内に存在する成分であり、皮膚や筋肉、軟骨など多くの部位に存在します。このコラーゲンを最大限効率よく肌に吸収できるように加工したものが生コラーゲンです。化粧品にはコラーゲンが配合されている製品は多数あります。しかしそのコラーゲンは人の持つコラーゲンとは分子構造が違っているため、吸収されにくいというデメリットがあります。対して生コラーゲンは人の持つコラーゲンと同じ、3重らせん構造を持っています。このため肌に極めて吸収されやすいのが最大の特徴です。本当のコラーゲン効果を実感しやすい生コラーゲンは、現在配合している化粧品も増えつつあります。

角質層への届け方

3重らせん構造を持つ生コラーゲンは、体内に非常に効率よく吸収されるため高い美容効果を期待できます。しかしここでどうやって生コラーゲンを肌にまで届けるのか、という疑問を持つ人もいるはずです。生コラーゲンが効果を発揮するには、角質層と呼ばれる肌の層まで届ける必要があります。この役割を担ってくれるのが、生コラーゲン配合の化粧品です。主に美容液タイプの化粧品が多くなっており、生コラーゲンの他にも同じく保湿効果のあるセラミドやヒアルロン酸などを配合している化粧品が多いのも特徴です。生コラーゲン配合の化粧品を毎日のスキンケアに用いることで、意識せずとも生コラーゲンを定期的に肌に送り届けることができるのです。